キリスト教

                            世界の宗教    ユダヤ教     古寺巡礼   仏像案内    イスラム

産業革命Industrial Revolutionを成し遂げて世界を席巻した西欧文明、即ちデモクラシーdemocracy)、資本主義capitalismなどはキリスト教プロテスタントから生まれた、キリスト教の道徳律を持ちナザレのイエスをキリスト即ち救世主と信じる組織である、因みにキリストの元来の意味は古代ギリシア語のクリストスKhristosからの日本語表記で「香油を注がれた者」で一世紀には「救世主」を意味する様になる、キリスト教のコミニティーcommunityは世界各国に、ほぼ漏れなく存在する世界最大の宗教である。
キリスト教とはイエスを救世主
キリストと信じ、特に新約聖書を依典として信仰する宗教である、後述もするが新約聖書とは主にイエスの伝記を四人の弟子達により記述された聖典、すなわち福音書(イエスの言行録とされる)で、「マタイ伝」「マルコ伝」「ルカ伝」「ヨハネ伝」と、「使途行伝」に「パウロの手紙」「ヨハネの黙示録」で構成されている、但し聖書にはキリスト教徒が旧約と言うユダヤ教の聖典も含まれる。 

・ユダヤ教・キリスト教・イスラム教はセム的一神教と言い経典宗教である、聖書すなわち正典(せいてん)Canon カノン)を持つ、正典とは公式に従う義務を課せられる基準文書をいう、因みに正典以外を外典(がいてん)すなわちアポクリファApocryphaと言う、因みに佛教では外典(げてん)発音する。


世界の宗教人口比率で見ると約63億人の内、キリスト教徒は32.9%を占めている、信徒数20億人強を有する世界最大規模の宗教である、しかし日本に於いては神道と言う土着思想と仏教と言う外来思想を融合させた本地垂迹説をエトスとした文化的遺伝子を持つ多神教風土の厚い壁に阻害されて人口の1%を超える事は叶わなかった。    
イエス・キリストすなわちイエス
Iēsousは救いの意味を持ち、キリストChristosはヘブライ語のメシア(マーシーァハ・香油を注がれた者Messiahのギリシャ語訳で救世主を意味しており個人名ではない、因みにイエスはギリシャ語の発音であり、ヘブライ語ではヨシュアと発音される。
イエスはユダヤ教徒であり、処刑された後もヨハネやペトロ等十二使徒の多くは、ただ一人の神の命令を信ずる、すなわち外部から観てユダヤ教徒である事を疑わなかったとされる、但しイエスの行動は分派すなわちセクト
sect行動かも知れない。
当時ユダヤ教の主力である・パリサイ派
PharisaioiPharisees・サドカイ派Saddukaíosに対して律法とは律法の為有るのではでは無く人間のためにあると言い、神との新しい契約すなわち新約聖書を最高経典とした教団である、イエスはユダヤ人であり直弟子の十二使途(apostolos)も全員がユダヤ人である。

ユダヤ教の異端であったキリスト教はイエスが十字架で殺戮されたが、新約聖書の著者の一人である使徒・タルススTarsusのパウロPaulos達の活躍があり三日後に復活したとの宣伝が功を通しユダヤ教から完全に独立した宗派に成った、当初は迫害を受けていたが313年コンスタンチヌス一世のミラノ勅令(寛容令)により公認され十字架をシンボライズするようになる、因みにユダヤ教徒から観ればキリスト教に於けるイエス、キリストは救世主ではなく、ユダヤ教ナザレ派のラビ(教師)であるイエスに過ぎない。
ユダヤ人が宗教的に親子関係にあるキリスト教徒に憎まれ
Holocaustにされたりするのは、ローマ皇帝、テベリウス時代の総督ポンティウス・ピーラートゥスPontius Pilatus により処刑された事に端を発する、マルコ伝(二十七章二十五節)のユダヤの群集がイエスの処刑を主張したとの記述からと言えよう。
パウロに付いてであるが、元来は敬虔なパリサイ人でイエスを弾圧する側の人で女性差別主義者あったが、執事のステフアーノがパリサイ・サドカイ両派から石打の刑での殉教事件を契機に変更した、初期キリスト教の発展に決定的な役割を果たし、教祖がイエスで開祖がパウロとしても過言ではない。
デンマークの哲学者・キルケゴール
18131855.1111は「イエスは生涯を費やして13人の弟子しか出来なかったが、十二使途にも入らないパウロは一日で100人を弟子にした」と言う、まさしく伝道者すなわちエバンジェリストevangelist・注10の面目躍如である、但し発言の真意は不祥である、因みに「イエスなくしてパウロは無いがパウロなくしてキリスト教は無かった」と言われている、これは宗祖に多い原理主義と中興に貢献し大衆に対する伝道路線との相違と言えよう。 
新約聖書に於ける福音書すなわち・マタイ伝・マルコ伝・ルカ伝・ヨハネ伝に記述されるが、イエスに対しての記述が多様に言われている、不明な点が多く実在を否定する説も存在したが、現在では実在説が大勢を占める、余談かも知れないが聖書にイエスの生涯を記述したのは前述の四伝を書いた・マタイ
(マタイ教団)・マルコ(マルコ教団)・ルカ(ルカ教団)・ヨハネの四人(4グループ)でマルコから始まりマタイ、ルカと続きルカ伝はユダヤ色が強いとの説がある、因みに福音書であるが・マタイ伝・マルコ伝・ルカ伝は先行したマルコ伝を参照したとされ共通点が多くあり「共観福音書」と呼ばれている、因みに聖書の内でイエスを神と断定するのはヨハネ伝のみである。  共観表 シノプシス synopsis

福音書であるがラテン語でEvangeliumと言い、イエス・キリストの言行録とされている。通常は新約聖書に記述される四つの福音書っすなわち、マタイ伝、マルコ伝、ルカ伝、ヨハネ伝(以上正典)を言うが、トマス伝等(外典)多くの福音書(イエスの幼児期を伝えた福音書や合併福音書調和福音書)が存在している。 
旧約聖書39巻、新約聖書27巻をもって啓典とし、イエス・キリストは神の子であり父と呼ぶ全能の神が全てを創造
(法・天地・人間・etc)した、その神が創造した法をイエス・キリストが説いたと信ずる宗教である、イエス自身が父と呼んだ神と愛を中心とした教義で聖書の言葉は全て神の言葉で あるとの教えである、一言で要約すれば最後の審判のあとにくる現世(神の国)での永遠の生命を信ずる宗教と言える、キリスト教側から観たユダヤ教との相違はユダヤ教が神とユダヤ人との契約であるのに対して、キリスト教(新約聖書)は神と人類との契約であると言う事である、後にも述べるが聖書の内で「イエスは神の子」云々はヨハネの福音書第三章十六に記述以下があるのみである。 新約聖書は完成まで約千年を要したが、イエスの生前の言動の著述である四項の福音書がメインと言える、なかでも「マルコ伝」が最も古く、次いで「マタイ伝」「ルカ伝」「ヨハネ伝」と続く、また「使徒行伝(使徒言行録)」や最終章すなわち最後の審判を記述した「ヨハネの黙示録」等が著名である。
最後の審判、これは脅威と言える、神と佛教の言う六道間では善悪の判定に相違が感じられる、猫が子供を養う為に人間世界から魚を盗んだ場合の善悪は神のみぞ知るである、マルチン、ルターの言う神は「虹に座します残酷な審判者」となる、残酷な審判者に葬られた六道に彷徨える者が如何に多いことか。
キリスト教と他の経典宗教
(イスラム・ユダヤ)と最大の相違は「三位一体」Trinity・トリニティー・personaの容認にある、マタイ伝28章に「父と子を聖霊の御名に於いてバプテスマを授け‐‐‐‐‐・・・・」の記述がある、更にカトリックに於いてはマリア崇拝が加わり四神教と言えなくもない、要するに「守護聖人」「聖母マリア」「聖遺物」信仰となる。
325年に「イエスは完全な人間であり、完全な神である」とニケア信条に於いての結論である、さらに451年のカルケドン公会議でも確認している、しかしイエスは神であるが、生んだ母親であるマリアは普通の人間である、アリウス派は人間の生んだ子は神ではなく預言者であると言いニケアに於いて異端とされ迫害された、しかし厳しい神の厳命からキリスト教は優しい聖母マリアの信仰により広く興隆したと言える。
キリスト教の各宗派に於いて総てに近い宗派が採用している三位一体に対して腑に落ちる解説書は知らない、聖書に記述されない三位一体はコーランが強く否定している、
因みにバプテスマbaptismaとは洗礼の一つである、一神教(注14では腑に落ちないのは三位一体の他に、やはり聖書に記述されない「秘跡sacramentサクラメント)」として「免罪符贖宥状(しょくゆうじょう)・indulgentia」の発行がある、因みに三位一体を提唱したのは護教論apologeticを著したチュニジアカルタゴの神学者、テルトリアヌスtertullian155年頃~220年頃)である、因みに護教論とはリスト教信仰の正当性、真理性を強調した書であるが、強引に「一神教」と言う建前にオーソライズauthorize化させた思想であろう
世界最高の信者を擁するキリスト教であるが、イエスの在世中は奇跡を起こして病気を治す集団であった、キリスト教のマリア崇拝であるが、聖書にマリアの記述は無く教義的には異端と言える、ノートルダム
notre-dameと言うタームの組織は教会や学校など世界中に存在するが、本来はフランス語の「我らの貴婦人」即ち「聖マリア」を意味する、仏教に於いても本来は男性である観音菩薩を女性に変換して母性信仰を作り出している、裁きを与える男性的な神に対して、総てを受け入れてくれる女性神である聖マリアの「おかげ」かも知れない、但しマリアとはポピュラーネームでイスラム圏の方が多くのマリアが居ると言う、鈴木大拙氏はマリアや観音菩薩を裁く神ではなく、総てを受け入れる母性神を持つのが「本物の宗教」的な主張をしている。 
仏教に於いても本来は男性で勇者・貴族を意味する観音菩薩を女性に変換して母性信仰を作り出している、裁きを与える男性的な神に対して、総てを受け入れてくれる女性神であるマリアの「おかげ」かも知れない、但しマリアとはポピュラーネームでイスラム圏の方が多くのマリアが居ると言う
(国による発音の相違で、マリアン、パトウール、アズラ、マリア、メアリー等々同一名である)。 

パリの大聖堂に代表されるが、フランス語圏初めとして各地に存在するノートルダム寺院Notre-Dameや学校名の冠に使われているNotre-Damは仏語で”我らが貴婦人”すなわち聖母マリアを意味する、従ってカトリックにマリア信仰は篤い、こちらに於いてマリアは佛教的解釈では本尊に相当する。 
三位一体の哲学はBc67世紀ヴェーダの奥義書とも言えるウパニシャッドUpaniadが嚆矢とされる、三位一体と類似性の高い哲学に多神教のヒンズー教に「一体三神」(トウリムーテイ trmūrtiがある、これは最高神が三尊で表すシステムで梵天が世界を作り、ヴィシンヌがそれを維持、シヴァが破壊するとされる。  
キリスト教の根幹を要約すれば愛
(アガぺーAgapeに尽きる、「汝の隣人を愛せよ」(ルカ伝大10章2537節)「祈りを求めることは既に叶えられたと信ぜよ、さすれば願いは叶えられよう」(マルコ伝第1124)に要約されるかもしれない。 
しかしカトリック教会の定めた規範・秘蹟
(サクラメントsacrament sacramentum・煉獄(注5 プルガトリウムPurgatorium等や外典は聖書には記述されておらず、聖書の求めは信仰であり主なる神と隣人に対して無報酬の愛を求める、したがってユダヤ教やイスラム教の様な戒律は無いといえる、因みに外典(アポクリフアapocrypha)とは聖書から除外され加えられなかった典籍である、因みに外典はキリスト教等では「がいてん」と読み佛教では「げてん」と発音されている。
これは仏教に於ける最澄に始まり法然親鸞・日蓮達の無戒律宗教と酷似している、ただ日本仏教との相違を挙げればキリスト教は・三位一体
(trinity)・マリア崇拝など聖書に記述されない哲学は存在するが、基本的には一神教と多神教の相違である、また仏教は人は修行により覚者となり釈迦如来の領域まで到達を目指すのに対して、キリスト教に於いては神と人間は主と(しもべ)の関係が崩れる事は絶対にない、これは大天使であるガヴリエルやミカエルと謂えども例外ではない。  
キリスト教の救済の根幹は「永遠の生命」を授かる事に在る、人の死はモラトリアムmoratorium即ち仮の姿でありイエスが再臨し最後の審判を受けた後無罪なら現世での永遠の生命受ける、しかし有罪の場合は永遠の死の宣告を受ける。 
最後の審判の情景を著したレリーフがフランスドゥルドゥー
Dourdouのサント・フォワ修道院L'eglise abbatiale Sainte-Foy)にある、最後の審判を下す中央のイエスの左手下に地獄が著され右手の処には天国に招聘された人々、更に大天使ミカエル・ペテロ・聖ベネデエクト等々が彫られている、但し聖書には天国すなわち神の国の情景に付いての説明は記述されていない、神の国について全く記述が無いために寧ろ有難がられている、因みに法華経も最高、最高と言いながら神髄に関する記述が無い為に万能と解釈してくれる。
天国にに付いて内村鑑三は「天国とは 神によって救われし霊体に宿って永久に存在する所の名称である」
(小黒直樹、日本人の為の宗教言論、宗教座談)と延べている。
仏教にも共通項とも言える絵画がある、仏の世界から地獄までの十界と人間の生涯を放物線で描いた「熊野観心十界曼荼羅」を言い、熊野比丘尼が勧進に携行し絵解き行脚した作品が残っている。   
三重大学と三重県で製作された「歴史街道GIS」参照をお勧め。

仏教と根本的な相違として以下の3点を挙げる。  
a
,仏教は法則・真理・は悠久の昔からあり釈迦が発見
(創造したものではない)した宗教であるのに対してキリスト教に於いて万物は全て神の創造による。  

b,キリスト教の予定説に対して仏教は因果説である、キリスト教の場合は原点にジャン カルバンjohn calvinの言う予定説がある、予定説とは神の意思により信仰、行い(善行)に関係なく、救われる者、救われない者とは最初から決められているが居る、”神仏に依る采配”即ち予定説に因果説を四字熟語で記述すれば運否天賦になろう、小室直樹氏はキリスト教のキーワードは「予定説」にあると言う、宿命論は佛教では業因論であり説かないが、インドでは古来から宿命論がある、これを梵語でニー バーダniyti vādaと言う。
閑話休題同じ一神教すなわち経典の民だけにムスリムにも予定説がある様だ、彼らのよく話す言葉にインシャラーinshallahがある、即ち「神の御心のままに」があると言われている。
一神教では信者は「聖なる神の奴隷」すなわち聖隷(せいれい)
(ヨハネ伝第13条)である、神を信じ善行を施せば救われるのであれば神は人間の奴隷になってしまう、神によるサルベージは人間の行いに関係なく神により決定される方便とも言えるもので、聖書には記述が無い、但しカトリックに於いては因果律を取り入れた煉獄(注5と言う救済処置を講じている。
仏教の因果律は善行を積めば現世でなくとも輪廻転生により六道を輪廻する間に報われる。 

c,絶対的に逆なのが仏教では最高の覚りは涅槃により輪廻転生から脱出、解脱による永遠の死であるのに対してキリスト教は永遠の生命にある、但し永遠の生命とは如何なる状態を指すのか具体的な説明を聖書は述べていない。
もう一つの大きな相違として仏教は修行等により覚りを開き覚者として釈迦の領域と並ぶ事にある、重ねて言えばキリスト教等の一神教は人は神の僕であり大天使や聖人と言われる人でも神の僕である事に変更は無い、仏教と異なり神の領域に迫る事は絶対にない。
現在世界は文化、風習等々キリスト教中心に動いている、代表例が年号である、
西暦をAD ○○年と記述される、ADとはAnno Domini(アンノドミニ)の略である、イエス生誕からのカウントであるが、「神の後」とも訳されている、因みにキリスト生誕以前をBC即ちBefore Christ と記述される、近年ではキリスト生誕はAD 1年ではなく、BC47年説が有力視されている、新約聖書ではイエスの生誕日に関する記述は見つけられない
一神教に於いて一日は日没から始まる、クリスマスに例を採れば1224日の日没クリスマスイブがクリスマスの始まりである。

三百九十五年にローマ帝国が東西に分裂する、キリスト教も次第に違和が生じ千五十四年分裂してローマカトリック
(西)とビザンチン即ち東方正教会(ギリシャ正教会・東)に分裂する、更に西からプロテスタントが興る、現在のキリスト教には多くの宗派があるが歴史的に俯瞰すれば、395年ローマ帝国の分断により徐々に離反し、1054年にローマのカトリック教会(西)と東方正会(東)に分断する、更に十六世紀にローマカトリックからプロテスタントが多数の分派に分かれる。
1,
カトリック教会 ・2,プロテスタント ・3,東方正会の各宗派  ・4,英国国教会と大きく4グループに大別されるが、英国の哲学者、ジェレミー、スタンルーム
jeremy stangroom・服部千佳子訳・religion・原書房)の分類に依れば教派分派は・再臨派・バプテスト派・東方正教会・ヨーロッパ自由教会(クエーカー含む)・末日聖徒イエスキリスト教会・ルーテル教会・ペンテコステ派・カトリック・英国国教会などを挙げている。(英国教会を除く3グループに通常は分けられる)
正教会とはギリシャ正教
(東方正教会・Eastern Orthodox Churchの事で正教会はロシア正教会・グルジア正教会Georgian Apostolic Autocephalous Orthodox Church・ブルガリア正教会・ルーマニア正教会Romanian Orthodox Church・日本ハリストス正教会Orthodox Church in Japan等に存在している、因みにハリストスはギリシャ語読みで、キリストの意味である、因みにアーメン(然り)で元意味はヘブライ語のエメト(真実)emethである。
日本人のキリスト教観と言えばイエス・キリストの生誕を祝うクリスマスであるが、ナザレのイエスの場合生没年数は不明であり1225日は仮説である、一説にはルカ伝・マタイ伝、やマリアの懐妊が過越祭の頃と仮定してのクリスマスである、因みに東方正教会に於いてはイエスに聖霊が宿ったとされる16日がクリスマスである、脱線するがイエスは日常会話をアラム語で話していたとされるが、アラム語の経典は存在しない、因みにアラム語とはBC600年頃にシリア、メソポタミアで使用されていた言語で現在でもレバノンで使われていると言うセム語系の言語である。

ヨハネ福音書・第8章、第7節ではないが、己の無知に対する罪を認知せず石を投げれば、セム的一神教と進化論とは二律背反の典型と言える、即ち進化論では四百五十万年前に類人猿が登場し、四十万年前には人類は現在と同程度の知能を有しているが、聖書に記述される天地創造を計算すると六千年程度
(注13遡るだけと言われる、即ち六千年前に天地も人を含めた動植物は六日間で創造されたとキリスト教徒に信じられている。
イエスは神か人かの問題について、325年ニケアの第1ニケア公会議に於いて「イエスキリストは人であり、神である」と規定された、ヨハネの福音書第3章、第16節周辺を記述すると、「15節、それは、彼を信ずる者はみな永遠の命をもつためです。 16節、というのは、神は世を深く愛してご自分の独り子を与え、だれでも彼に信仰を働かせる者が滅ぼされないで永遠の生命を持てるようにされたからです。18節、彼に信仰を働かせる者は裁かれませんーーーーーーーーー」の記述がある、神の子に関する聖書の記述は第316節だけの様である、因みに
新約聖書では、イエスが「人の子」といわれている記述ヶ所が88回ある様だ。
小室直樹氏は言う、キリスト教では経典の範囲に対して千年以上も論争が行われた、現在は旧約39巻、新約27巻は聖書として共通であるが、特にヨハネの黙示録が問題視された、現在は旧約外典(がいてん)apocryphaの解釈で各宗派の相違としてカトリックとギリシャ正教は外典に加える、英国国教会は指針として扱うがプロテスタントは聖書以外を否定すると言う、脱線するが神(主)は親兄弟、妻子を持たない、聖書には女神に相当するタームの記述は無い、juno天、 cerus五穀、 venus愛、  bellona戦い、 diarth月、 minerua智慧、 the~of liberty自由 。   
ここで聖書に於ける疑問点を一点挙げておく、創世記第一章二十六節に「我々のかたちに似せて、人を造ろう、そして彼らに、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地をはうすべてのものを支配させよう」の記述がある、一神教の主に複数形を使用している、これに付いての弁明は詭弁と言えよう、「ヘブライ語に於ける畏敬の複数形」との釈明があるが、
日本に於ける総理の炉心状態が不祥な福島第一原発事故の収束宣言の如く黒を白と言い切る詭弁と同根と言える。 
創世記第一章二十六節はヘブライ人の祖先達に依り語り継がれた古代バビロンのカルデア神話Cardeaのコピーかも知れない、もう一つ聖書と進化論の関係の説明が難解であろう、進化論に於いて人類が現在と変わらない能力を持ってから約四十万年経過している、聖書で神が「光あれ」と天地を作り、「我々に似せて人を作り」即ち人間を創造されてから約六千年との計算があり時間的に合致しない。 
進化論に付いて翻訳の解釈に依るが、ヨハネパウロ二世は「進化論は仮説以上のものと認識出来る、即ち肉体の進化論は認める、但し人間の魂は神によりクリエートされた」と述べ、創造論と進化論が両立している様な声明をしている、因みに米国人の統計では、創造論者と進化論者は概ね拮抗している様である。 
カトリック及びプロテスタントに於いても現在の神学がイエスの意とした教義か否かはに付いて、あれは堕落した姿と言う
、インド人哲学者・ラーダー、クリシュナンSarvepalliRādhākrishnan 18881975等々の神学者達がいる。


初期のキリスト教の流れ

アタナシウス派   
(295~373年)

イエスは神である・三位一体・マリア崇拝。 二ケア宗教会議(325年)でコンスタンチヌス一世より正統と認知される、カルケドン公会議(451年)でも確認される・現在のカトリック・プロテスタント・ロシア正教など大半を占めている。

アリウス派   
(256~336年)

イエスは神ではなく預言者である。 二ケア公会議で異端とされる。 教義に高い正統性がありドイツ周辺で長く活動した。

ネストリウス派   
(~431年)

イエスの神性と人間性問題、マリア崇拝と三位一体に否定・エフェソス公会議(431年)で異端とされる、ただし政治的に異端とされた後にイランを経て中国にわたり景教となり13世紀頃まで栄えた。 京都広隆寺周辺に景教の残滓が感じられるが定かでは無い。   (注12)  

*ネストリウスは東ローマの皇帝テオドシウス二世の抜擢で教皇となるが、熱狂的に高揚していたマリア崇拝の否定と、アリアン派、ノバチウス派、マケドニウス派等の異端派の追放など過激な行動で敵を増やし追放された、興隆した宗教組織は概ね例外なく最先端のハイテク技術を駆使して民衆から受け入れられた、キリスト教ネストリウス派とも言える景教も例外ではない、ネストリウス派は植物薬学、鉱物薬学に秀でておりエデッサ修道院は世界最先端の医薬研究所であり、中国名の景教徒は輝かしい唐の文明の一翼を担ったとの記述がある。(中国景教の故地を歩く 彩流社 桑野淳一)

*キリスト教に於ける勢力分野として、ローマ・カトリックは南欧や南米での信仰が多い、ギリシャ正教会は東欧や南東欧が地盤である、またプロテスタントは北米を中心に西欧で信仰されている。
*
カトリックとプロテスタントの相違は極めて少ないが、最大の相違はカトリックの行う儀礼にある、サクラメントsacramen即ち秘蹟の有無にある、プロテスタントの多くは秘蹟を完全否定する、因みに秘蹟(ひせき)とは聖餐(せいさん)洗礼(せんれい)などを言う、要するに予定説を言うプロテスタントと秘蹟によるサルベージsalvageを強調するカトリックとの相違は決定的と言える、最近はあまり言われないが、日本ではカトリックを旧教、プロテスタントを新教と呼称する人も存在する。


主な宗派の信徒数 
*カトリック10.8億人  *プロテスタント3.5億人   *東方正教会2.2億人   *その他3.9億人  

1 ,
 カトリック
  ギリシャ語Katholikosの公・普遍・全体と言う広い意味を持っている、キリスト教の発展過程に於いて解釈の多様化を監督する為に作られた組織で、イエズス・キリストの代理として信徒を司祭・精神面に於いて世界でただ一人統括する権限を持ち、ローマ教皇を長とした正統教義としたローマ・カトリック教会の基に一元化され、ペテロを後継する教皇を頂点として君臨している、聖職者制度を駆使して民衆や国を統一する組織であり世界に六億人以上の信徒を持ち、一神教に於けるメインストリームmainstream的存在である、因みにカトリックの聖職者は神父と呼ばれ*教皇 *枢機卿 *大司教 *司教 *司祭 *助祭に分けられ総てが独身者である。
ローマ・カトリック教会と呼ばれサン・ピエトロ寺院
(ペテロの墓)を総本山とする、教皇の権限は強大である、当然組織は疲弊堕落する、バチカンの内紛から教皇が三人も重複する事態となる、その内で教皇の一人にはシチリアの海賊出身も居た様である、また自身の隠し子を教皇にしようと画策した教皇も存在し、宗教改革の引き金になった。
脱線するがポピュラーネームに付いて言えば、ペテロ=ラテン語、ピエトロ=イタリア語、ピーター=英語、ピヨトール=ロシア語、ペーター=ドイツ語、ピエール=フランス語、であるが同一名である。
カトリックの特徴は聖職位階制度と修道会制度にある、聖職位階制度とは重複するが、ペテロの後継者であるローマ教皇
(ローマ法王)を最高権威者として司祭を行い、神からの救済の分配までも教皇が行うと言うものである、キリスト教は発生以来神と精神的な意味を含めて全て教会がベースになって居りそこから煉獄(注5、参照)などが考え出された、煉獄の中に居ると教えられ、犯した罪に苦しむ民衆に免罪符や贖宥(しょくゆう)()indulgentiaを売りつけて豊かになった教会もある。
やがてキリスト教は世界宗教となりあらゆる民族の枠を超えて信仰する事により神からサルベージを受けられると言う。   
今一つの修道会制度とは教会の極めて広範囲な形態を作り信仰面や生活面に関係したものとされる、初期に於けるキリスト教は聖書の記述にない規範の否定から始まったと言えるが、聖職位階制度と修道会制度等は発足当初の精神から大きく変貌している。
また実在が疑問視されているが、モーセ
(mwuqs)の十戒では「二戒・あなたは己の為に像を刻んではならない」(偶像崇拝の否定)を抹消して「十戒に隣家の妻を欲してはならない」を追加している、ただしカトリック信者から見れば偶像を崇拝するのではなくその背後にある神の存在を観ずる事にあると言う。  (ユダヤ教編の十戒参照)
キリスト教世界には図像学すなわちイコノグラフィーIkonographie・独)(iconographie・仏)と言う学門が発達しており偶像崇拝に関する解釈は特に18世紀以降変化している、但し経典宗教に教義すなわちdogmaは絶対でなければならない、拙サイトでは偶像崇拝を容認する、偶像崇拝は無知な大衆を信仰に誘う為の方便(手段)と言えよう、即ち十字架のイエスを積極的に取り込む事でキリスト教の興隆があった。
そして世界に広がった宣教師達
(エバンジェリスト、evangelist・注10)はその教義を与えかつ強要するが、任地のエトス・文化を学習しようとせず争いを起こしたことに限界を感じざるを得ない、現在に於いては神父が己の意志で活動しても異端とは看做さない広い懐を持つ風潮が出来ている様である、カトリックはユダヤ教、古代キリスト教と欧州に於ける古代文化の融合により成立したが、イエスの十字架と復活を信じてのみ成立する宗派と言える。
キリスト教の根幹に「愛」があるが、キリスト教徒は多くの異教徒の殺戮に罪の意識を持った事は無い、先住民の大虐殺、奴隷の海中投棄、原爆投下などが具体的事例である。 

宗教改革Protestant Reformation プロテスタント リフォメーションと言う熟語が有るが、キリスト教世界の教会体制上の革新運動であるが、プロテスタント側からのタームであり、カトリック側からの見解は「信仰分裂」にすぎない。 
ここで世界宗教の共通点の一つに「ロザリオ」がある、カトリック信者・佛教徒の使うロザリオ・数珠はインドを起源としてバラモンでも使用されていた、中村始著・般若経典に依ればバラモンを介して佛教に採用された、ジャバ‐マーラー
(japa-māiāと言い、japaは念誦を意味しmāiāは輪を意味すると言われる、古代ローマ人などがjapaをジャッパー(バラ)の輪と聴いたと言う、これがロザリオ(ポルトガル語rosario)・ロザリウム(ラテン語rosarium)・ローザリー(英語rosary)・ローゼンクランツ(ドイツ語rosenkranz)などカトリックやイスラム圏に広がったとの記述がある、但しプロテスタント等は使用していない。
仏教では「木槵子経(もくげんじきょう)」と言う数珠の効養を説いた経典があり、木槵子(むくろじ)の実を108顆束ねて環を作り安寧や安楽の祈願に使用する様に記述されている,イスラムではタスピーフと言い基本的には99個を環にしている
 
聖書と進化論の関係に付いてローマ教皇庁は、やや柔軟で1996年に人間の肉体に関して進化論は認定するが、人間の魂は主の創造物との条件を付けている。
キリスト教関連の文学は膨大な数になるが、
小説ではアンドレ・ジイドの「狭き門」が著名で、マタイ福音書第7章第13節の「力を尽くして狭き門より入れ‐‐‐‐」、現代の聖書からは「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。 しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。それを見いだす者は少ない」の記述がある。 (岩波文庫・川口篤訳)



2,
 プロテスタント
  プロテストとはラテン語のProtestioから来ておりカトリックの権威主義・聖書に書かれていない教会法などの強制に対する「正面からの抗議」と訳されている、即ち教皇の指示や教会法が聖書の解釈に優先している事に対する抗議である、過日には日本では新教と呼ばれた時期もあった、プロテスタントのキーワードkeywordとしては新約聖書すなわち「イエスに還れ」と言えよう。 
マルティン・ルター(martin luther)は救済は教会(贖宥状)と民衆ではなく、聖書、主と直接的な関係として、1517
年ドイツのヴィッテンベルグWittenbergを起点に
ローマ教皇レオ10世に対してプロテスタテオ(抗議書)を発した事に始る、1424年から開始されたコンスタンツ公会議に招待されながら火炙りに処せられたチェコのヤン フスJan Husの事件を触媒とし、宗教改革を推進したカルバンjohn calvinやマルチン・ルター等によって興されたものであるが発足当初から統一体制を持たずに発達した、その結果個々に独立した教派を生み出す事になりルター派の他にクエーカー教徒・メゾデェスト・バブデスト派・など多くの有力教団を生み出した、脱線するがチェコのプロテスタントは十字軍の攻撃を受けており教会に十字架を使用しない。
主なプロテスタントの宗派を挙げると復活派
ルーテル教会・聖女マリア監督教会・福音主義友の教会・基準教会など礼拝方法や聖書の信仰順位等により、世界約八億人のプロテスタントは地理的、人口的に広がりを持っている。
プロテスタントは世界をバチカンの傘下に納めようとするカトリシズム
(羅: Catholicismus、英: Catholicismが無いために、プロテスタントの国であるオランダは長崎に出島を出す事が出来た要因の一つと言えよう。

プロテスタントの基本的な特徴は
1)信仰義認 神からの救済は功績ではなく信仰のみによる、伝道者や牧師は神の使命即ち召命されて付く職業である。
2) 聖書原理主義 教会などの権威や旧来からの伝統主義ではなく聖書に記されている事のみをオーソライズする、即ちカトリックの行う聖書には記述されない外典(がいてん)や・贖宥状(しょくゆうじょう)の発行・洗礼・聖餐等カトリックで使用する秘蹟の否定である、即ち式典・儀式によるサルベージの否定である、カトリックが説教に於いて広範囲な俗受けを目的に聖書の記述や論理性を犠牲にした教えに対する抗議運動とも言える。
3) 万人祭司神父のみが直接神と対面できるのではなく万人が神の前にたつ事が出来ると言う。
またプロテスタントはカトリックによる教会支配に反対のみではなく正しい翻訳の聖書に帰る運動でもある、古代
ヘブライ語による聖書の翻訳した言葉の正当性の主張でもある。
カトリックとの相違は僅かでありプロテスタント即ちルターやカルヴァンは儀式や式典の行使で救済されると言う秘跡Sacramentの否定である、しかし現在ではプロテスタントでは礼典Ordinanceが行われている、因みに正教会では機密、聖公会では聖奠と言う儀式が行われている。
(4)聖職者は牧師と呼ばれ婚姻、妻帯は自由である、即ち主の前では総ての人が平等でなければならない

プロテスタントはカトリックと違い十八世紀の転機を含めて離合集散を繰り返してきた、これは妥協を許さない純粋さが大きな要因と言えよう、プロテスタントの信仰による厳しい禁欲的行動様式(エトス)の高揚はヨーロッパの近代化と時期を同じくしており、時の芸術・文学・哲学の近代化は広く大衆にまで多大な影響を及ぼした、故に資本主義とデモクラシープロテスタント(ピュウリタニズム)の精神が生み出したものである。 (プロテスタンチッズムの論理と資本主義の精神・マックス・ウエーバー著・大塚久雄訳・岩波書店)   

プロテスタントには福音派evangelicalがありユダヤ教と友人関係にあるが、ユダヤ教徒をイスラエルに集めて改宗させる事によりイエスの再臨があると言う聖書解釈があるとされる、福音派は聖書は総てが主の言葉と信じて読み原理主義胝な部分がある、即ち逐条霊感(ちくじょうれいかん)と言うべきか。

3、 東方正教会(ギリシャ正教会) 元来西方正教会(カトリック)と同一であったが395年ローマ帝国が東西に分裂する、イスタンブールを拠点に繁栄するが15世紀中盤イスラムのオスマン帝国に破壊される。
726
年に偶像崇拝問題などで確執が起り1054年にはレオ9世と東方の大司教で双方が破門しあう関係になった、即ち分裂である、三位一体論が大きな比重を占める教派であり、ビザンチン帝国即ちコンスタンチノーブルを首都とする古代ローマ帝国を発祥とする宗派で東ローマ帝国とも呼ばれている。
ギリシャ正教・ロシア正教から東欧に広がりトルコのイスタンブールに世界総主教を置くが個々には主権を所持しており統括は行わず象徴的存在にとどまる。西暦四百五十一年のカルマゲドン信条を標榜してイエスは完全な神性と完全な人性を持つとする。修道院活動は盛んであるがカトリックのような統括組織はもたず司祭は妻帯が出来る、また祭礼に於いてイコンと称するキリストやマリアの聖像画が重要視されイコノスタシスと呼ばれる空間を使用されるのが特徴で有る。
小室直樹論に依れば、ルターもカルバンの綱要もカトリックと酷似しているという、僅かな相違は式典、儀式によってのサルベージを認めるか否かの相違と言う。 



4、 英国国教会(Anglican・Church) 英国国教会は20世紀初頭よりカトリックプロテスタントとの仲介者として積極的に活動し世界教会協議会の設立に中心的に関与した。
3
世紀頃キリスト教が伝わり597年に
カトリックの傘下に入る、16世紀ヘンリー八世の時代に八世はキャサリンと離婚しアン-ブーリン(後に処刑される)を王妃とした事から離婚を認めないローマ教皇・クレメンス七世と対立し離反する、1554年復帰するが1558年アン-ブーリンの娘エリザベス一世に時代に再度離反する、発足当初からカトリックと接近と離反を繰り返しながら英国国教としたもので、 系列的にはプロテスタントに分類されるが儀典などはカトリックに近く中間的存在にある。 
カンタベリー大聖堂に総本山があり大主教を頂点とする、アングリカン・チャーチと呼ばれる組織で世界的な規模に発展し日本でも立教大学、聖路加国際病院などを傘下に持ち「日本聖公会」聖パウロ教会として活動中である。 
この中間的思想に反対した組織に聖書に忠実な
ピューリタン(puritan・清教徒)があり、英国に於いて非国教徒の扱いを受けアメリカに渡り建国の中心的役割を果たした。(注4参照) 

信徒数8千2百萬人                                        


5
、 日本で活動中の教派を挙げるとカトリック・ギリシャ正教(東方正教会)・聖公会・ルーテル教会・バブテスト・ホーリネス・メソジスト・改革派等がある。
・救世軍と言う英国生まれのプロテスタント組織とは、社会鍋で知られる組織で創始者のウイリアム・ブースがThe salvation army
(救いの軍隊)と述べた事から救世軍を呼ばれている、日本では1895年に英国人が横浜に於いて活動を始めた歴史を持つ。 

異端として1884年にチャールズ・テイズ・ラッセルにより創始された国際的なキリスト教系の組織にエホバの証人「ものみの塔聖書冊子協会」があり、聖書の記述にある奇跡を全て信じる、すなわち聖書の記述にない秘蹟・偶像崇拝・
マリア崇拝・三位一体等は完全に否定する。 
ものみの塔の言う神の王国とは神が選択した王、即ち
イエスキリストにより支配される国であると言う。
教団の発行する書籍を企業や家庭に配布しながら伝道する会派で
カトリックプロテスタントも否定する教団で、既成キリスト教団はキリスト教としてオーソライズauthorizeされていない。
「永遠の生命」の根源として死の後に復活があると言う、真摯な伝道活動を行って居るが、古代へブル語は母音表記をしていない為に、
エホバは古代へブル語のヤハウエの誤読(注1が定説である、またモーセの十戒の内で第三戒あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならないに違反している(注1参照)、古代ヘブライ語に於ける「YHWH」に記述には母音が表記されていない為にヤハウエをエホバと誤読しているとの解釈が主流である、またイエスが1914年に地上に密かに再臨しているとの主張の根拠が不明である、兵役拒否はともかく、手術の際に自身はともかく子供に対する輸血までも拒む。
聖書は人間として如何に生きるかの為の仕様書であり、具体的な奇跡を信ずるものでは無いと思はれる。

6
、日本でも知名度のある宗派に
アメリカ・ユタ州のソルトレーク市に本拠を置き約400万人の信徒を持つ、「末日聖徒イエス・キリスト教会」(モルモン教)がある、1830年ジョセフ・スミスが授かったとされる「モルモン経」を聖書と並列する経典とする為系列としてはキリスト教系と言えるが、キリスト教カトリック及びプロテスタントでは異端とされている。
日本に於いてアメリカ人で布教活動をしながらTV・タレントとして活躍している人もある。
モルモン教とはモルモンと言う預言者により5世紀頃に授けられ千年以上後に
ジョセフ・スミスに授かるが、モルモン教の原典は英語で17世紀英国国王の命令で訳された「キング・ジェームス・バイブル」である。 

エジプト中心に「コプト正教会」
Coptic Christianityがある、7世紀中盤イスラムに依る制圧後も過酷な税負担などの差別で改宗者が相次ぐ中で、重圧を受けながら生き残る、エジプト人口の凡そ一割800万)がコプト正教会を名乗る東方教会系の宗派である、451年のカルマゲドン公会議に於いて異端とされたが古代エジプト文化と正当なキリスト教徒との自負は強い。
東方典礼カトリック教会の一派は、政情が厳しいレバノンに30%程の信者を擁し、アラビヤ語・シリア語で礼拝するマロン派がある。
経典は古代エジプト語であるコプト語訳であり、コプトとはアラビア語でQib
(キブト)と記述されaigyptosが訛ったもので本来はエジプトを意味する、マタイ伝に聖家族のエジプト避難説の記述がありマリア崇拝に極めて篤い教団である、西暦40年が嚆矢としているが2世紀ころの発生とされる、日本には教会は無いが東京と倉吉市に於いて集会は行われている。  

福音派クリスチャン即ちエヴァンジェリカルEvangelical)と言う組織がある、彼等の主張の一部に総てのユダヤ教徒が聖書の地に帰還しクリスチャンに改宗すると、イエスが再臨して神の世が到来すると言う、日本に於ける組織として日本プロテスタント聖書信仰同盟、日本福音同盟、世界福音同盟等々がある。
また文鮮明氏(ムン・ソンミョン、Rev. Moonが率い芸能人を広告塔に用いる統一教会(世界基督教統一神霊協会)、摂理すなわち基督教福音宣教会christian gospel mission等がある。 

通称ギデオン協会と呼ばれる組織がある、1899年の創立された財団法人で国際
ギデオン協会(Gideons International)と言う団体では、 クリスチャン等で組織され、聖書を学校・ホテル・病院等に無償配布する相互の交流と主への奉仕として活動する団体である。

 

1、ヤハウエ(aHW)の誤読 古代ヘブライ語には母音表記がなく、YHWHと記述されていたがモーセの十戒の内、第三戒に「汝は神・主の名をみだりに唱えてはならない」の教えから神を主と唱えていた事からキリスト教の一部に於いてエホバと誤読されていた、現在ではユダヤ教ではヤハウエ、キリスト教では天主・主と呼ばれている、ユダヤ教では現在でもYHWH表記の聖書で詠まれている。(古代ヘブライ語記述は仏像をBTZUと表記したようなもの)。  

 

2、 秘蹟 法的誓約の意味を持つラテン語のサクラメントゥム(sacramentum )から出ており後に神学用語としてヨーロッパで語源となった。
キリスト教の重要な礼典でイエスへの服従を示す儀典である、方法は教派によって異なりカトリックでは秘跡・プロテスタントでは礼典、聖礼典・聖パウロ教会では聖奠等と訳されており一般には洗礼等の儀礼を言うが、特にカトリックは秘蹟中心的であり七秘蹟が重要視される 1、洗礼 2、堅信 3、聖体 4、ゆるし 5、病者の塗油 6、叙階 7、婚姻が挙げられるが聖書に記述は無い。
sacramentumを理解するには英語のsacred (神聖である)と語源が共通である。    

3、 三位一体(ラテン語:
TrinitasTrinity, : Dreifaltigkeit)とは ・神・イエス・聖霊(第三位格)を言い、その順位や解釈をめぐり教会の分裂を繰り返した、カトリック、プロテスタント、正教会、聖公会、東方諸教会などが採用している、特に聖霊に付いては宗派により解釈が異なり聖霊論(pneumatology・ニュゥーマァタァラァヂィ)と言う学問がある程である。

4、  ピューリタン(puritan,清教徒)  本来は清廉・謹厳等を意味するが、通常は清教徒を言う、カルバンの宗教改革を手本としておりカトリック色の除外を目指す、聖書に忠実な組織で16世紀頃のイングランド・ニューイングランドに於ける改革的プロテスタントで教義に対してファンダメンタルなキリスト教徒を言う。
 ピューリタンの精神は現在のアメリカ文明の基本理念でもあり、長老派・バブテスト派・クエーカー派などもピューリタンの範疇に入る。

5煉獄(れんごく) (
Purgatorium、ラテン語、プルガトリウム ・purgatory,パーガトリー) バチカンが考え出した思想で、いわゆる階段の踊り場とも、天国か地獄への待合室とも言える場所で、天国と地獄の中間に存在すると考えられている、煉獄はカトリックは正式教義として採用している、ギリシャ正教は救いの思想は容認するが正式な教義ではない、プロテスタントは聖書に記述がない為に否定する、本来予定説のキリスト教に佛教等の因果説採用は疑問視される。
信仰・愛が不完全であるが地獄に落ちる程の罪も犯していない人が最後の審判の日まで待機する場所である、現世に於いて魂は煉獄の中で苦・祈り・善行を行うことにより天国を目指す場所であり仏教に於ける仏陀の前世物語のジャータカや精進や(ぎょう)に近くなる、同じく仏教には中有(ちゅうう)とか中陰と言われる猶予期間があるが遺族の供養が判定には加味され期間は49日である、中有を梵語ではアンタラー・ババantarā-bhavaと言う、但し煉獄は聖書に記述されていない為にプロテスタントを誕生させる触媒になった、また聖書から提唱されたカルヴァンの予定説(神の救済を授かる者と、救済を受けられず滅びる者が決められている)とは完全に異なる。
仏教にも殯の期間中によく似た中陰がある、死後49日間かけて六道への行き先を決める裁判がある、裁判は7回行われ裁判官は秦広王~閻魔王となる。


6, 十戒  旧約聖書の出エジプト記20章・申命記五章に記述されており、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の基本的な戒律で通称「モーセの十戒」と呼ばれている。
第1戒 あなたは、わたしをおいてほかに神があってはならない。  
第2戒 あなたは、いかなる像も造ってはならない。(偶像崇拝の否定)。
第3戒 あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。(マックス ヴェーバーに依れば神の名を唱えて呪・奇等に利用し人間の願を神に従わせる事を防ぐ意味合い)。
第4戒 安息日を心に留め、これを聖別せよ。
第5戒 あなたの父と母を敬え。
第6戒 殺してはならない。
第7戒 姦淫してはならない。
第8戒 盗んではならない。
第9戒 隣人に関して偽証してはならない。
第10戒 隣人の家を欲してはならない。         

カトリック教会とプロテスタント諸派による,1987年初版 新共同訳聖書The Bible, The New Interconfessional Translation 
偶像崇拝は旧約聖書では数か所で否定しているが、新約聖書でも第一コリント8章‐4項では「‐‐‐偶像が世にあって無きに等しいものであること、また神はただひとりのほかはいないことを、知っています。‐‐‐」とありにより偶像は否定される。(参考1を参照願います) 

*佛教にも「十善戒」と言い一神教に於ける十戒の神の命令即ち14を除いた部分が共通した戒がある、①殺生しない ②盗みをしない ③性的に淫らな行為をしない ④嘘を付かない ⑤無意味な流行言葉を使わない ⑥悪口を言わない ⑦嘘をいわない ⑧貪らない ⑨愚痴らない妬み羨み怒りの心を捨てる ⑩愚かな考えをしない。


   参考 1、カトリックの公教要理202 (カテキズム、catechism)を参考として掲載した、(第2戒の除外)前述の聖書新共同訳(注6)と比較されたい、ルーテル教会も除外している。
   「第2戒 
汝はいかなる偶像も作るなかれを除外して、注9と注10の同じ内容を重複させている、閑話休題、聖書はむろんの事、経典類には改変を許されないのが聖典ではないだろうか、第2誡には十字架のイエス像・マリア像等々が抵触する。    
   1、我は汝の主なり、我を唯一の天主として礼拝すべし。  
   第2、汝天主の名をみだりに呼ぶなかれ。
   第3、汝安息日(あんそくじつ)を聖とすべきことを憶(おぼ)ゆべし。
   第4、汝父母を敬うべし。
   第5、汝殺すなかれ。
   第6、汝姦淫するなかれ。
   第7、汝盗むなかれ。
   第8、汝偽証するなかれ。
   第9、汝他人(ひと)の配(つま)を恋うるなかれ。
  第10、汝他人の所有物(もちもの)をみだりに望むなかれ。
  

    

7、 カトリック(ルーテル教会を含む)に於いては十字架のイエスやマリア崇拝が行われている、カトリックは偶像崇拝を否定するが事実上は肯定しており、2戒を切り取り、10戒めを「隣人の妻を
欲してはならない」としている、特に第1戒~第4までは神と人間との関係を述べており最重要な誡律と言える、日本に於いてはカトリックとプロテスタントの共同事業で「新共同訳聖書」を発行しているが、「カトリックの公教要理」には「天主の十誡」と呼び第2戒は除外されている事は世界的には別のベクトルが働いていると感じられる、ただし未開地に派遣された宣教師達は土着信仰の神と融合もやむを得なく偶像を容認しなければならない苦衷が感じられる。
公教要理の記述を挙げると
第2戒の相違他「第9戒 汝他人(ひと)の配(つま)を恋うるなかれ。」 「第10戒 汝他人の所有物(もちもの)をみだりに望むなかれ。」   2006614


8、ハルマゲドン(Armageddon世界最終戦争  キリスト教以前アブラハム時代の宗教戦争で幾度か決戦地になった処である、ヨハネの黙示録に記述される最終決戦の地名を言いう、イスラエル北のメギドの丘の事でイエスが降臨して永遠の生命を与えられる人々が選別される。

92004年頃に“ダビンチコード”が話題になったが、イエスはユダヤ人である、ユダヤ人社会に於いて独身者は批判の対象者であったとされる、従ってイエスは既婚者であり、イエスの右に居る人物は女性であり、イエスの夫人すなわちマグダラのマリアと言う人も存在する。

最後の晩餐に登場する十二使徒の氏名は、福音書によっても名前が微妙に異なる等、聖書に於いて創作された晩餐という説もある。

注10、キリスト教の伝道者をエバンジェリスト(evangelist)と言うが現在に於いては、
IT技術を分かりやすく説明する役職名に使われている.

11, カタリ派  12世紀頃中世ヨーロッパに於いてカルカソンヌ城を拠点として、南フランスや中部イタリアで信仰を広げたキリスト教の異端派で14世紀十字軍による宗教集団の抹殺すなわちジェノサイドgenocideにあって消滅する。 
カタリとは清浄派の意味で禁欲的な戒律を標榜した。二神論を基本教義とし旧約聖書を否定し新約聖書に対して原理的に忠実な教派で十字架はイエスを殺害した悪のモニュメントであるとして拒絶した。
原始キリスト教の生活をそのまま実践しようとする原理主義的な意志を示し、二神論教義も根拠は新約聖書にあったとされる、即ち天主とイエスを神とする教義であるが、創世記・126節に「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう、
そして彼らに、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地をはうすべてのものを支配させよう」と書かれ、明らかに神が二人称以上の複数形で述べられている事に関連するかも知れない。
以前にもイエスの神性を否定したアリウス派(256336)やマリア崇拝を否定したネストリウス派(~?431)等々も異端として迫害された。 

12、 アレキサンドリアのキリルとの権力闘争に敗れ、エフェソス公会議で異端とされたネストリウス派の流れを汲む景教は七世紀中国に於いて興隆していた、三武一宗の法難の一つ、会昌の法難で佛教、ゾロアスター教、マニ教等と共に壊滅的打撃を受ける、西安の碑林(ひりん)博物館に「大秦景教流行中国碑」が存在している、近年の研究でネストリウスに異端心は無く誤り説が多くの学者から言われている。

131654年英国国教会のアイルランド大主教ジェームス・アッシャーは天地創造が紀元前4004年とし当時多くで採用された。  

アダムの創造から家系譜を計算して今20世紀から数千年前~1万年前とされる、マルティン・ルターは天地創造が文字通り6日間で6000年程以前になされたと主張した。

14
アブラハムの宗教とは創世記五章・十章に依れば、アブラハムの子孫でノアの箱舟に乗った三名の息子、「セム」「ハム」「ヤペテ」、即ち三大民族の祖先となる、アブラハムの宗教即ち三宗教は「砂漠の一神教」「聖書宗教」「啓典宗教」等々の呼び名がある。



参考 2イエスが処刑に使用された材料は「キリスト教の重要な象徴」とされる十字架ではないとする説もある、十字架の語源はギリシャ語の「スタウロス」とされ通常は棒杭と訳される、聖書にはクシュロンと言うギリシャ語も使われ材木・こん棒などと訳される、聖書に「クシュロン」が使用されているのは・マタイ伝2647節、55節・マルコ1443節・ルカ2252節、3131節・使徒行伝1039節、1329節・ヨハネの黙示録222節、14節等である。

十字架は4世紀コンスタンチヌス大帝がキリスト教に改宗したときに持ち込まれたと言う、またイエスとはギリシャ語の呼び方でありヘブライ語ではヨシュアとなる、但しモーセの後継者でカナンの地で大虐殺を指導したヨシュアとは別人である。   2006629 


参考3ユダヤ世界でイエスは一般名である、即ちポピュラーネームである、*ヘブライ語でヨシュア(イェーシュア)、*ギリシャ語がイエス(イエスース)、*英語がジーザース(Jesus)となる、要するにイエスもヨシュアも同名である、因みにマリアは英語圏ではメアリー、若しくはマリーとなる。 


最終加筆日2004年10月17日 200556 2006614日十戒  20087月7日カトリックの公教要理。2012324日 AD表記2014年5月11日 クリスマスの日付9月27日 201586日注12 2016315日 713日 123日偶像崇拝 1210日 2017年4月13日Catholicism  5月16日聖隷  2017年5月19日加筆 

 


                 世界の宗教    ユダヤ教     古寺巡礼   仏像案内    イスラム






魔女狩り、ギリシャの女性自然哲学者ヒュパティア
異端審問 免罪符の発行

inserted by FC2 system